アクセスありがとうございます。当ブログでは、以下のコンテンツをメインに紹介や感想、また記録等を行っております。

・書評(5カテゴリを設定)
・英語他語学について
・ショットグラスコレクション
・エクササイズ記録

各記事に対しコメントやTBを受け付けていますが、内容と関係ないもの(不適合な宣伝等)については削除させていただいております。ご了承ください。
また相互リンクについては、コメントにその旨希望をいただければ、内容を検討し、掲載を判断させていただきます。なお、リンクに関しては、下記の通りお願いいたします。
 
 表示:Restart - To Be a Betterman
 URL :http://betterman.seesaa.net/

2011年03月03日

カミラ・レックバリ著 説教師・エリカ&パトリック事件簿

宝島社の『このミステリーがすごい! 2011年版
』を最近借りて読んでいたら、以前読んだカミラ・レックバリの新刊が出てたことを発見し、すぐ購入。




●感想
前作でカップルとなったエリカとパトリックは結婚し、エリカのお腹の中には、新しい命が宿っていた。すでに生まれるまであと1ヶ月ちょっと。幸せながらもエリカは母となる準備段階に苦労していた。
ある日、映画の1シーンにも使われたというフィエルバッカにある「国王の洞窟・クングスクリュフタン」で、若い女性の死体が発見された。フィエルバッカの刑事パトリックは、休暇中だったものの事件の一報を受け、現場へと向かう。青あざや切り傷など、多くの傷跡を残すその死体を鑑識のために袋へと移すと、その死体のあった場所からさらに2つの人骨が発見される。年代的にはかなり古いと推測される謎の2つの人骨。同じ場所に何年も前からあったのか?そして事件かどうかわからないにしても、長い間2人の人間が何らかにより死んだことを放置していたのか?また、死体の若い女性はどうしてこんなところで死んでいるのか?パトリックは予想以上に大きな事件を抱え込むこととなる。

著者は舞台となっているスウェーデン・フィエルバッカ出身の作家カミラ・レックバリ。エコノミストとして働いた後に作家に転身。2005年にSKTF賞「今年の作家」賞、2006年に国民文学賞を受賞し、エリカ&パトリック事件簿シリーズは2009年時点で7作となっている。(本著は同シリーズの第2作である。)
(以下、ネタバレあり)続きを読む

2011年02月22日

ニュージーランド クライストチャーチの地震

昨年9月にもM7.1の大きな地震があったニュージーランドの南島。本日現地時間の22日12:51(日本時間8:51)にクライストチャーチ中心部から15km〜20km、リトルトン付近を震源地とするM6.3の地震が発生しました。クライストチャーチの中心にある大聖堂は部分的に外壁が崩れ落ち尖塔が壊れ、道路もアスファルトにひびが入っているようです。また、現在までに65名の死者が出ています。亡くなった方々にはご冥福をお祈りいたします。今回の震源は深さ5Kmと浅い位置での地震発生、そしてお昼時の人が往来が盛んな時間帯の発生ということもあり、被害が大きくなったとも言われているようです。現在も倒壊した建物の中に閉じ込められている人がいるとのことで、救出作業が進められています。

先月のオーストラリアのサイクロンYASIで、被災地であったQLDに半年住んだと書きましたが、このクライストチャーチでも、その後半年間生活してました。働いていた場所は大聖堂のすぐ近く、また住んでいた場所は半分が倒壊したブレスト・サクラメント大聖堂から1km程度の距離でした。当時の仕事仲間やフラットメイトが無事であることを祈ります。

自分が住んでいた場所が連続で災害にあっているのは、あまり心地いいものではありませんが、サイクロンYASI後の復旧作業で活躍したオーストラリアのレスキューチームが救援活動に向かうとの情報もあり、迅速な復旧を心から願います。

(続報2011.2.23 6:24現地時間)犠牲者の数は、32名に引き下げられました。
(続報2011.2.23 11:25現地時間)犠牲者の数は、75名(身元確認済み55名、未確認20名)に引き上げられました。
(続報2011.2.24 6:36現地時間)犠牲者の数は、103名に引き下げられました。
(続報2011.2.27 13:55現地時間)犠牲者の数は、146名に引き下げられました。また、200名程度が行方不明のままです。
(続報2011.3.1 21:05現地時間)犠牲者の数は、155名となりました。
(続報2011.3.2 21:05現地時間)犠牲者の数は、160名となりました。
(続報2011.3.5 9:10現地時間)犠牲者の数は、165名となりました。


地震発生時の様子(出血あるためご注意ください)
posted by betterman at 18:04 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

ジョン・ハート著 川は静かに流れ

ジョン・ハートの『ラスト・チャイルド』が面白かったため、購入。




●感想
アダム・チェイスは5年ぶりに地元ノース・カロライナ州ローワン郡ソーンズベリに帰ってきた。郡でも有数の富豪であるチェイス家の長男アダムは、5年前に殺人容疑で起訴され、無罪を勝ち取ったものの既に町にはいられなくなっていた。この町で育ち、母の死を経験し、すさんだ青春時代をすごし、恋人も得て、父ジェイコブの仕事も手伝っていたこの町を完全に消し去ろうとアダムはニューヨークへと移り住んだのだった。一度は捨てたと考えた地元への帰郷を決意させたのは、3週間前に急にかかってきた親友ダニーからの電話がきっかけだった。電話越しでは良い返事はしなかったものの、いつも自分の見方をしてくれていたダニーからの電話が彼の中で引っかかった。そのため、一度ダニーから話を聞こうと戻ってきたのだった。
お世辞にも変わったとはいえない街並み。しかし過ぎ去った5年の月日。さまざまなことに思いを馳せながら、アダムはダニーの家が経営するモーテルへと向かう。しかし、ダニーはモーテルにはいなかった。帰郷に対する期待と5年前の思い出に対する怒りからほとんど寝ずに、また10時間ものドライブで疲れていたアダムはダニーのモーテルで一休みすることとする。深い眠りに着いたアダムは、ドアをノックする大きな音で目が覚める。ダニーの父、ゼプロンが会いにきていたのだった。ゼブロンがアダムに投げかける言葉は5年前の事件を引きずったままの辛らつな言葉だった。そしてもう一つ、父へ対する誹謗だった。5年前と変わらないと思っていた町に、何かが起こっていた。

著者はジョン・ハート。アメリカ、ノースカロライナ州生まれ。大学を卒業後、銀行、証券ブローカー、法律家、ヘリコプターの操縦士、そしてイギリスのパブで働く。
2006年『キングの死』でMWA(アメリカ探偵作家クラブ)賞最優秀新人賞候補となり、2つ目の長編である本著『川は静かに流れ』で2008年の同賞最優秀長篇賞を受賞した。ミステリ界の新帝王と呼ばれる。

(以下、ネタバレ有り)続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。