2011年03月03日

カミラ・レックバリ著 説教師・エリカ&パトリック事件簿

宝島社の『このミステリーがすごい! 2011年版
』を最近借りて読んでいたら、以前読んだカミラ・レックバリの新刊が出てたことを発見し、すぐ購入。




●感想
前作でカップルとなったエリカとパトリックは結婚し、エリカのお腹の中には、新しい命が宿っていた。すでに生まれるまであと1ヶ月ちょっと。幸せながらもエリカは母となる準備段階に苦労していた。
ある日、映画の1シーンにも使われたというフィエルバッカにある「国王の洞窟・クングスクリュフタン」で、若い女性の死体が発見された。フィエルバッカの刑事パトリックは、休暇中だったものの事件の一報を受け、現場へと向かう。青あざや切り傷など、多くの傷跡を残すその死体を鑑識のために袋へと移すと、その死体のあった場所からさらに2つの人骨が発見される。年代的にはかなり古いと推測される謎の2つの人骨。同じ場所に何年も前からあったのか?そして事件かどうかわからないにしても、長い間2人の人間が何らかにより死んだことを放置していたのか?また、死体の若い女性はどうしてこんなところで死んでいるのか?パトリックは予想以上に大きな事件を抱え込むこととなる。

著者は舞台となっているスウェーデン・フィエルバッカ出身の作家カミラ・レックバリ。エコノミストとして働いた後に作家に転身。2005年にSKTF賞「今年の作家」賞、2006年に国民文学賞を受賞し、エリカ&パトリック事件簿シリーズは2009年時点で7作となっている。(本著は同シリーズの第2作である。)
(以下、ネタバレあり)続きを読む

2011年02月18日

ジョン・ハート著 川は静かに流れ

ジョン・ハートの『ラスト・チャイルド』が面白かったため、購入。




●感想
アダム・チェイスは5年ぶりに地元ノース・カロライナ州ローワン郡ソーンズベリに帰ってきた。郡でも有数の富豪であるチェイス家の長男アダムは、5年前に殺人容疑で起訴され、無罪を勝ち取ったものの既に町にはいられなくなっていた。この町で育ち、母の死を経験し、すさんだ青春時代をすごし、恋人も得て、父ジェイコブの仕事も手伝っていたこの町を完全に消し去ろうとアダムはニューヨークへと移り住んだのだった。一度は捨てたと考えた地元への帰郷を決意させたのは、3週間前に急にかかってきた親友ダニーからの電話がきっかけだった。電話越しでは良い返事はしなかったものの、いつも自分の見方をしてくれていたダニーからの電話が彼の中で引っかかった。そのため、一度ダニーから話を聞こうと戻ってきたのだった。
お世辞にも変わったとはいえない街並み。しかし過ぎ去った5年の月日。さまざまなことに思いを馳せながら、アダムはダニーの家が経営するモーテルへと向かう。しかし、ダニーはモーテルにはいなかった。帰郷に対する期待と5年前の思い出に対する怒りからほとんど寝ずに、また10時間ものドライブで疲れていたアダムはダニーのモーテルで一休みすることとする。深い眠りに着いたアダムは、ドアをノックする大きな音で目が覚める。ダニーの父、ゼプロンが会いにきていたのだった。ゼブロンがアダムに投げかける言葉は5年前の事件を引きずったままの辛らつな言葉だった。そしてもう一つ、父へ対する誹謗だった。5年前と変わらないと思っていた町に、何かが起こっていた。

著者はジョン・ハート。アメリカ、ノースカロライナ州生まれ。大学を卒業後、銀行、証券ブローカー、法律家、ヘリコプターの操縦士、そしてイギリスのパブで働く。
2006年『キングの死』でMWA(アメリカ探偵作家クラブ)賞最優秀新人賞候補となり、2つ目の長編である本著『川は静かに流れ』で2008年の同賞最優秀長篇賞を受賞した。ミステリ界の新帝王と呼ばれる。

(以下、ネタバレ有り)続きを読む

2011年02月03日

スチュアート・ネヴィル著 ベルファストの12人の亡霊

これもブックオフのタイムセールで半額だったのでw
ただ、実は先日友人の結婚式に行った時、暇な時用に持っていって2次会か3次会で落としてしまい、結局もう一冊買うことに。



●感想
北アイルランド共和派の"英雄"ゲリー・フィーガンは、7年ほど前から、とある影に付きまとわれていた。一流のテロリストとして、政治犯としてつかまるまでに殺した12人の亡霊がそれである。いつもフィーガンのそばにいるその影に、フィーガンは苦しめられていた。刑務所を出る少し前から現れたその影は視界に現れ、奇声を発したり、若い女性に抱かれている赤ん坊は泣き出したりしていた。すっかり、それに参ったゲリーは酒に溺れ、周りからは独り言が多く、どうかしていると思われていた。しかし、12年間を共和派のために刑務所で過ごしたゲリーは、"英雄"だった。そんなゲリーに意見できる人間など限られている。
そんな中、ゲリーが殺した子供の母親がゲリーの前に現れた。その母親はゲリーの正体を知っていた。ただ、ゲリーのやったことをなじろうとはしなかった。たった一つ、その少年をどこに埋めたか知りたかっただけだ。ゲリーはその生めた場所を母親に密かに教えた。それがかつての仲間の境遇を悪くすることなど、すでにゲリーの頭にはなかった。
ゲリーが、古くからの友人マイケル・マッケンナの店で飲んでいるとき、そのマイケルが現れた。彼はすでに母親がマイケルやゲリー達が埋めた位置を教えたことを把握していた。話し合うためにゲリーに会いにきたマイケルの横で、少年の亡霊が彼を銃で撃つまねをする。それが少年の望みであり、そうすることで少年が消えてくれる条件となっていた。

著者は、スチュアート・ネヴィル。北アイルランド・アーマー州生まれ。ミュージシャン、作曲家、テレビ・舞台プロデューサー等を経て、マルチメディア・デザイン会社のパートナーとなる。
本作が著者の処女長篇作でありながら、ロサンゼルス・タイムス・ブックプライズ賞を受賞。その他複数の賞にノミネートされる。

(以下、ネタバレ有り)

続きを読む

2011年01月28日

ドン・ウィンズロウ著 フランキー・マシーンの冬

いつの間にか、ドン・ウィンズロウの作品が出てました。
ブックオフりました。




●感想
"餌屋のフランク"ことフランク・マシアーノは、忙しくしていた。
朝晩と釣り餌を求めやってくる釣客を相手にする餌屋、魚介の販売、リネンのレンタルサービス、不動産管理、そして別れた元妻パティーの相手と新しい恋人ドナの相手。そんな忙しい中でも、生活の一つ一つに意味があると考え、クオリティオブライフを大切にする。コーヒーは挽きたて入れたてじゃないと味が落ちる。それもひとつの、QOLだ。

ある日、そんな忙しい「フランクらしい生活」を過ごし、最後にドナとの最高の時間を過ごして家に帰ると見知らぬ車が家の前に止まっていた。乗っている若造に興味はないが、自分の家の前に車が止まっていることの異常は解消しなければならない。一度通過して数ブロック先に止め、38口径S&Wを手に自分の車を降りその車に近づく。相手が気づいている様子はない。後部ドアから中に滑り込むと、そこには昔世話になったサンディエゴのマフィア、マウスの息子マウス・ジュニアが乗っていた。

凄腕の仕事人、フランキー・マシーンを頼って。

著者はドン・ウィンズロウ。探偵、コンサルタント等様々な職業を経験し、1991年に「A Cool Breeze on the Underground」でMWA(アメリカ探偵作家協会)最優秀処女長編賞候補に挙げられる。その後ニール・ケアリーシリーズやボビーZシリーズなどを発表。アメリカミステリー界の鬼才とも呼ばれる。
著書『犬の力』は週刊文春2009年海外ミステリ部門第2位、宝島社2010年度海外編「このミステリーがすごい」第1位を獲得。

(以下、ネタバレ有)続きを読む

2009年12月30日

伊坂幸太郎著 グラスホッパー

読書クラブで借りた1冊。

グラスホッパー (角川文庫)

●感想
妻を愉快犯的存在の「馬鹿息子」に殺された鈴木は、
教師を辞め、非合法な事を平気で行う会社へと転職する。
目的はただ一つ、妻の復讐を遂げるためだ。
しかし、その「馬鹿息子」は鈴木の前で、
交通事故に遭い、死んでしまう。
「馬鹿息子」に死をもたらしたもの、
それは「押し屋」という殺し屋の存在であった。

著者は、現在最も売れている作家の一人、伊坂幸太郎氏。
(以下、ネタばれあり)

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。