2011年02月02日

ジョン・ハート著 ラスト・チャイルド

ブックオフでタイムセールをやっていて、半額だったのでまとめ買い。





●感想
1年前、ジョニー・メリモンの双子の妹アリッサが行方不明になった。ハント刑事を中心とした地元警察の必死の捜索も実らず、時間だけが経過していた。その間、ジョニーの一家に起こったことは悲劇としか言いようがない。母キャサリンは、事件当時アリッサを迎えに行くはずだった父スペンサーをなじり倒し、その責任に耐え切れなくなったスペンサーは、母子を残し蒸発した。キャサリンはスペンサーをなじったこと、アリッサを失ったことから、自分を完全に見失ってしまい、薬物依存、そしてお金を稼ぐこともできず、地元の有権者ケンに体を許して、住居と生活費を得ていた。ジョニーもケンに暴行されていた。
しかし、ジョニーはあきらめてはいなかった。アリッサを探すことも、メリモン一家を元に戻すことも。
そしてもう一人、ハント刑事もアリッサの捜査をあきらめてはいなかった。この一年間、アリッサの捜索に全力を注ぎ、自分の家庭も捜査にのめりこむことで崩壊していた。

ある日、ジョニーの学校の生徒ティファニーが行方不明になった。
その日はジョニーは学校をサボり、親友のジャックとともに川原にいた。ジャックが帰った後、ジョニーは猛スピードで駆け抜けるバイクと車を見た。明らかに追われている感じのバイクは車に追突され、運転手は橋の上からジョニーの前へと落ちてきた。ジョニーはその瀕死の男性を助けようと駆け寄った。その男性が、ジョニーに伝える。
「連れ去られた少女を見つけた。」

著者はジョン・ハート。アメリカ、ノースカロライナ州生まれ。大学を卒業後、銀行、証券ブローカー、法律家、ヘリコプターの操縦士、そしてイギリスのパブで働く。
2006年『キングの死』でMWA(アメリカ探偵作家クラブ)賞最優秀新人賞候補となり、2つ目の長編『川は静かに流れ』で2008年の同賞最優秀長篇賞を受賞した。ミステリ界の新帝王と呼ばれる。

(以下、ネタバレ有り)


続きを読む

2010年11月16日

フレデリック・フォーサイス著 アフガンの男

ようやく文庫化されたアフガンの男。
2年前にハードカバーが発売された際に、購入しようか迷ったまま、
時間だけが過ぎてた。





●感想
パキスタン・テロ対策本部(CTC)が傍受した1本の電話。
若いタリバンのボディガードがペシャワルから故郷の母の具合を聞くために兄にかけたその電話は、ロンドンの爆破テロ時に確認され、その後行方の分からなくなっていた電話から掛けられた。
電話機自体の持ち主は、アルカイダの資金調達を管理していた男、アル・クールのものだった。
CTCの指揮官ラザークは、イギリスの諜報機関であるSISの工作員でペシャワルに住むブライアン・オダウドに連絡を取る。
深夜、CTCとオダウドはその電話の発信地に赴き、そこにいたタリバンを制圧するが、アル・クールには一瞬のすきを突かれ、自殺を許してしまう。情報を得られる可能性のあったアル・クールを生きたまま捉えられなかったことに落胆する一同であったが、所持していたノートPCのハードディスクから興味深い情報が引き出された。
「アルーイスラ」
西側諸国は、専門家の集まりコーラン委員会を通じて、その意味の重さを知ることとなる。

著者は私がこういうインテリジェンス系を読み始めるきっかけともなったフレデリック・フォーサイス。
空軍勤務からジャーナリズムの道に進み、ロイター社、BBC等の特派員を経て執筆活動を行う。
ジャッカルの日』『第四の核』など数々の作品を発表。


(以下、ネタバレあり)
続きを読む

2010年10月16日

ピーター・テンプル著 壊れた海辺

久しぶりに本を読んだ、、わけではなく、
最近人に紹介された本を読んでたのだが
好みの違いか自分としては読んだ後に凹むことが多く、
書く気が起きなかったというのが本音。
狭量と言えば狭量かもしれないが。



●感想
オーストラリア、ビクトリア州の田舎町ポート・モンロー署に勤務する
ジョー・キャシンは、クロマティ署よりある事件の一報を受ける。
ザ・ハイツと呼ばれる豪邸に住む社会奉仕家、チャールズ・ブルゴインが
何者かにより暗殺されたのだった。
70歳を超え、地元の人々に愛される存在の老紳士に敵など考えられず、
唯一の異変である消えたブライトリングの時計の行方を追うこととなる。
ブライトリングの時計はシドニーの質屋に売られていた。
持ってきたのはドーントに住むアボリジニの少年だった。
ジョーは、クロマティ署の警察官と共に、その少年たちを捕まえようとするのだが。。。

著者はオーストラリア人のピーター・テンプル。
オーストラリアのミステリー賞であるネッドケリー賞の常連で、
本作でCWA賞をオーストラリア人として初めて受賞。
本作が日本で初めて刊行された作品である。
(以下、ネタバレあり)続きを読む

2009年12月27日

カミラ・レックバリ著 氷姫・エリカ&パトリック事件簿

最近新書が続いていたため、ミステリを購入。

氷姫―エリカ&パトリック事件簿 (集英社文庫)

●感想
海辺の田舎町フィエルバッカの古い洋館の風呂場で
凍った遺体が発見された。
発見された遺体の身元は、アレクサンドラ(アレクス)。
地元でも噂される程の美貌の持ち主である。
不運にも第一発見者より声をかけられ、
現場に駆けつけたのは、アレクスの親友だったエリカ。
思い出すアレクスとの過去。
どうして疎遠になったのかと考えながら
エリカを中心に事件を追っていく。

著者はスウェーデンの新人作家カミラ・レックバリ。
エコノミストとして働いた後に作家に転身。
2005年にSKTF賞「今年の作家」賞、2006年に国民文学賞を受賞し、
エリカ&パトリック事件簿シリーズは4作で400万部を超える。
本著は同シリーズの第1作で、ドラマ化、映画化された。
(以下、ネタバレあり)続きを読む

2009年11月03日

トム・ロブ・スミス著 グラーグ57

書店に暇つぶしに行った際に購入。
発売してるかどうか気にかけていないのに見つけてしまう時があるから
自然と本屋に寄ってしまうんだよな。

グラーグ57〈上〉 (新潮文庫)
グラーグ57〈下〉 (新潮文庫)

●感想
弟・アンドレイの事件後、レオはネストロフと共に
モスクワで難解な殺人事件を担当する殺人課で仕事していた。
レオの家ではその昔担当した事件で孤児となった
ゾーヤとエレナを引き取り、
妻ライーサとともに「家庭」を築きかけていた。
時を同じくして、ソ連国内ではスターリンからフルシチョフへと
その体制を変えていた。
そしてそのフルシチョフによる発言が国内情勢を大きく揺るがすこととなる。
2008年のミステリー大作『チャイルド44』の続編。(以下ネタばれ有り)続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。